スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶箱、大好き!
2007年12月29日 (土) | 編集 |
働いた茶箱 新入りの茶箱

今日は茶箱を探して、市内のお茶屋さんを回ってみた。
お客さん用のリネンをしまうために欲しいのだ。

ぱっと思いつくところは3軒。
うちから車で5分もかからないお店ばかり。

1軒は、ソフトクリームも売っていて、おすすめは
ほうじ茶ソフト。抹茶味と1週間ごとに交代する。
食べた後の口の中にほうじ茶の苦みが残っておいしい!
だけど、わたしは冷え性なので、冬は食べないことにしている。

譲っていただける茶箱はないか、訊いてみる。

「茶箱はそもそも、お茶農家がお茶を送るときに
使ったもので、いまは段ボールがその役目を
果たしているために、使われなくなったんです。」

とのこと。

さらに、

「茶箱を作る職人さんも減っていて、高齢化も進み、
あと10年、20年もしたら、ほとんどいなくなってしまう
かもしれません。でもいまは注文で作ってもらえますよ。」

なので、少しだけあった在庫を見せてもらった。

大きさはいろいろ。今日は20kg(お茶が20kg
入る)などを見せてもらって、買ってきた。ぴっかぴか。

安くはなかったんだけど、とにかく長ーく使いたいので、
プラスチックだと弱いし、寒冷地なので、寒い冬でも
割れないものがいいし、つづらは高価だし、
行李だとねずみや猫が怖いので、ここはふんばって
やっぱり茶箱。

茶箱は、木でしっかりできているし、
内側はトタンが張ってあるので、湿気を逃がしつつも、
中のものを汚さずに、しっかりしまっておける。


2軒目は、古いものなら捨てるのがもったいなくて、
いくつかあるとのお返事。年明けに再度うかがって、
実際に見せていただくことになった。

この年末の忙しいときに飛び込んだのに、
とても感じよく対応してもらって、
ほんわかした気分で車に乗ろうとしていたら、
「ベビーベッドはいりませんか」とお店の方から
声をかけられた。

カムナビでちょうど欲しかったので、
これはいい!と、さっそくもらってきた。
「捨てちゃうとただのごみになっちゃう
から」とお店の方はおっしゃった。

車にベッドを乗せていたら、そのベッドで
育ったちびっこたちも出てきて、手伝ってくれた。


そして3軒目。楽しい、そしてちょっと不思議な
おしゃべりおじさんがいた。

その方曰く、茶箱は20年くらい前から
すたれてきたそうだ。その頃は40kgの茶箱が
多かったけど、その前は60kgなんてのもあって、
すごく重かったらしい。お茶を作る農家は
お茶と野菜の兼業農家が多く、力持ちだったそうだ。

茶箱から段ボールに変わってきた理由は、
お茶の包装袋の性能がよくなって、木箱で保存しなくても
よくなったからだと教えてくれた。

また、いまの配送業の人たちだと、そんな重い茶箱は
持てないし、すぐに落としちゃって箱が壊れちゃうそうだ。

なんてことをいろいろ話していたら、倉庫にもしかしたら
古いのがあるかもしれないので見ておいてくれることになった。


はー、楽しかった。

でも茶箱が衰退の一途をたどっているなんて
思いもしなかったな。残念に思う。

東京で働いていた時に、同僚と酔っぱらって
歩いていたら、お茶屋さんが茶箱を道に並べていて、
「欲しい方はどうぞ」と張り紙があった。

わたしたちは大喜びをして、
酔っぱらった顔で、大きな大きな茶箱を抱え、
電車に乗って、持って帰った。

それ以来、茶箱が大好きだ!

なんだか、茶箱への思い入れが強くって、
長いブログ日記になってしまった。

読んでくださった方、どうもありがとう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。