スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
縁の下からひっぱってきた。
2008年03月23日 (日) | 編集 |
きこりが収集している世界中の暦や
音や映像テープなどの整理が進んで、
押し入れがひとつ空き、上の方は、
わたしが使えることになった!

入れたいものはもう決まっていて、
これまでしてきた仕事や富士山や樹型の資料が主。

押し入れの収納って、むずかしい。
立体的に使いたいし、奥や上の方に入れたものも
必要なときにはすぐに取れるようにしたいし。

ホームセンターのようなところへいけば、
プラスチックケースとか、スチールみたいな棚も
買えるけど、うちの場合は、できる限り長く使えて、
必要のなくなった時にも、他の用途で使えるものがいい。

わたしがこの世からいなくなってもこの家は残ると思うので、
その時に、あー、さとこばあさん、こんなの買っちゃって、
困っちゃうよーっていう物は買わないようにしたいと思う。

なので、なにかが必要なときは、まずは
家にあるもので、なんとかならないかと探す。
きこり(夫)のおとうさん、おかあさんをはじめ、
その前に住んでいた人たちが、たくさんの物を
残してくれているからだ。


今日は縁の下から、棚やテーブルの枠っていうのかな、
そんなような物があるのを前からチェックしていたので、
縁の下に入って(わたしは小さいので入れるのだ!)、
のそのそひっぱってきた。

まだ寒いので、作業は外だけど、
バケツにお湯を汲んできて、たわしでごしごし。

縁の下から

いま住んでいる虫はいないみたいだし、土とほこりが
落ちたら、しっかりした木の模様が見えてきた。

なんてことない物だけど、これに合うような板が
もとにあった場所の周りにありそうだし、
角材も探して無くなっているところの寸法を測って、
切って足せば使えそう。


明日は雨みたいなので、今度晴れたら、
板を見つけて洗って、乾かして、
いよいよ押し入れに持ってこようかな。

わたしがこの家に来た時から廊下にある大きな机も
そこにある必要がないから、使っていい道具候補だ。


わたしはいま、カムナビが本格的に動き始める前にと、
どんどん自分の物を整理している。

古本屋さんへ本を送ったり、服や鞄を売ったり。
そこで思うのは、いま気軽に買えるものは、
すぐに壊れたり飽きてしまう程度の物が多いんだけど、
木や竹などを使って人の手で作られたものって、
いまもかっこいいし、無駄がないし、
工夫すると使える物が多い。触った感じも気持ちいい。
わたしはこういう物に囲まれて暮らせてしあわせだなー。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。