スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士山の裾野にある自衛隊の演習場。
2007年12月19日 (水) | 編集 |
立入り日の通知  北富士駐屯地業務隊長の看板

富士山の裾野には、自衛隊の演習場がある。

山梨県側は北富士演習場、静岡県側には、東富士演習場。
東富士演習場は8,809ha。本州で一番広いのだ。

北富士演習場は4,597ha。東富士より狭いけれど、
ここに立って周囲を見回すと、ススキがどこまでもどこまでも
広がっている。

秋はススキが太陽に照らされて、とーってもうつくしい。
満月の夜は、満月の光に富士山が黒く浮かび上がって、
言葉にならない世界。

だけれども、戦車も普通に走ることの出来る道が造られていて、
「戦車射場」とか不発弾の危険を知らせる看板があったりする。

富士山に向かって、自衛隊は射撃をしたりしているのだ。
なんとも悲しい。とっても悲しい。


北富士演習場は、この地に暮らす人たちが生活や生業のために、
茅や植物などを富士山からいただいてきた土地。

1936年に旧日本陸軍の演習場になって、
敗戦後は米軍に接収されて、実弾演習がされるようになって、
1973年には、自衛隊が管理する演習場に使用転換されて、
現在に至っている。

演習の日は、家の中にいても、地響きがしたり、
どーんという音が聞こえてきたりする。

いまは、一般の人は、立入り日だけ、
演習場に入ることができる。

地元の人は、入会権(いりあいけん)があるので、
許可なく、お盆のお花をいただいたりできる。
そうでない人は、入山鑑札(一人500円)が必要。

入山鑑札というものがいいのかどうかはさておいて、
いまはそういう決まりになっている。

詳しくは、富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合
(でんわ0555-22-3355)へどうぞ。


今月の北富士演習場の立入り日は、

2日(日)、9日(日)、16日(日)、
23日(日)、24日(月)、30日(日)

です。

立入り日は、24時間、誰でも入ることが出来ますが、
不発弾には十分に気をつけてください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。