スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市長さんとの懇談会。
2010年06月27日 (日) | 編集 |
おとといと昨日、うちの山椒の実を採ってみました。

初めて採ったんだけど、小さなボールがいっぱい。

わたしがこのお家に来たころは、
実が生(な)らなかったんだけど、
なぜか3年前からかな、生るようになりました。

その山椒を剪定した木を試しに庭に挿してみたのも、
無事に土について、ぐんぐん成長して、
いまは実が生っています。

塩漬けと佃煮にして、おいしくいただく予定。
うっふっふ。楽しみです。


ところで、

この間、冨士山北口御師団の、御師屋敷に住んでいる人たちと
富士吉田の堀内茂市長さんとの懇談会が開かれました。

御師さんで、現職の市議会議員さんがいらっしゃり、
その方の提案で。

わたしときこりは、ふたりで出席。

これまで富士吉田市は、富士山信仰と深く関わり、
築100年以上の古民家が複数軒残る御師の家や街並みを
なんとか観光の目玉にならないのかと、
パンフレットを作ったり、地図を作ったりしてきました。

カムナビは無許可で掲載されたりすることもあり、
そのたびに、いやな思いをしたり、傷ついたりして、
市にはその気持ちを伝えてきたんだけど、
なかなか伝わっていないなあと思うことが多々ありました。

でもその懇談会で、市長さんはこれまでのことを詫びて、
市としては、御師や御師の家、御師の町並みを、
もっと多くの人に来てほしい、知ってほしいんだけど、
市としては、まったく策が見つかっていない、と
言っていました。

そうだと思います。

観光地としていま人気のある歴史のある街と
御師の町並み、御師の家の状況はだいぶ違います。

御師の家の多くは、いまも家族が普通に暮らし、
家の古さ、抱えている問題、将来の希望もそれぞれ。

簡単なことではないです。

たとえば、家を週末だけでもオープンすることだって、
実際に住んでいる家を掃除して、見知らぬ人を受け入れる
わけだから、よしっ!て思えないと、できないことです。

わたしは市長さんって、けっこう御師の家の人の立場、
気持ちをそれなりにわかっているんだなあって思いましたが、
一緒にきていた市の職員さんたちとの温度差を感じました。


でも画期的な集まりだったし、楽しかった。


カムナビはカムナビの道を進むのがいいですね。


あー、明日も山椒の実、探そうかな。
バイトに行く前に。早起きができれば。

山椒の実の佃煮と炊きたてのごはんがあれば、
もう何にもいらないかも。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
山椒おいしいよね。
うちはいつもアクがうまく抜けなくて口がジガジガしちゃうんだけど。
2010/07/13(Tue) 17:52 | URL  | fuminem #-[ 編集]
市長さんとの話し合い
 実際に住んでいるからこそ、古い家の価値がある気がします。しかし実際に住んでいるからこそ公開するのには勇気が必要ですね。難しい問題がたくさんあると思いました。
 ああ。山椒の佃煮は美味しそうですね。
2010/06/27(Sun) 15:12 | URL  | 磯部 忠正 #63gULb/g[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。