スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25年以上前のミシンの説明書。
2009年01月24日 (土) | 編集 |
小学生の頃に買ってもらったミシンの説明書が
今日、メーカーから届いた。

当時の最先端ミシンを誕生日のお祝いに
親にねだり倒して買ってもらった。

1983年に発売されたもので、26年も前の製品。
わたしはいまも使っているんだけど、
このミシン、案外たくさんの人が使っているのでは
ないだろうか。

ジャノメのメモリークラフト6000というミシンで、
ボディは金属でがっちり。とにかく丈夫。
デザインに甘ったるさがなくて好きだ。


メモリークラフト

(わたしがいま撮った画像だけど、部屋が暗いので、
結果的に、昭和なトーンになりました。
ちなみに、フラッシュは好きじゃありません。)


幾度かの引っ越しで説明書をなくしてしまい、
蛇の目ミシン工業さんに説明書がほしいと連絡したら、
説明書のコピーを送ってくれるという。
送料込みで605円也。

昔から、説明書を読むのが面倒だったみたいで、
中味を読むと初めて知ることばかり。
これまでよく適当に使ってきたもんだ。
でも、優れた道具って勘で使えるものですよね。

うれしかったのは、メーカーが、25年以上前の商品の
説明書をいまも保管していて、必要な人には、
コピーだけど(それで十分)送ってくれるという環境だ。


カムナビでの暮らしを、電気をなるべく使わないとか、
自然エネルギーを取り入れる方向に持っていきたい、
と考えていて、足踏みミシンをもらって浮かれていたけれど、
このミシンじゃないと縫えないものもあるし、
これはこれで、大事に使っていこうっと。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。電気、人力にこだわらずせっかくあるものを生かすという考え方、とても良いと思います。
2009/01/31(Sat) 15:42 | URL  | 磯部忠正 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。