スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霜が降りて「しもやけ」。
2008年11月18日 (火) | 編集 |
霜が降りたー。

ま、先週の金曜日のことなんだけど、
うれしかったのだ。

東京から富士山の裾野の富士吉田に引っ越してきて8年。
毎年の最初の霜を見たことがなかったし、
気がつくと霜はいつも降りていた。

朝、早く起きれないのがなによりの理由なんだけど、
赤ちゃんみたいに夜早く寝て、朝は太陽が上がる頃に起きるのが
きもちいいんだてことがやっとわかってきた今日この頃。

たつみち脇の霜-1 たつみち脇の霜-2

かわいい、かわいい。
自然の作るものは、ホント~にうつくしい。

庭の柿や銀杏たちの葉っぱが落ち、
地面は枯れ葉で真っ黄色。

池の脇の紅葉は緑から黄色、最後には真っ赤になった。
今日は紅葉のてっぺんの葉っぱがくしゃくしゃになっていた。

屋根の塗装にきてくれている友達がそれを見て
「焼けたね。」と言う。

「へ~、そういう言い方をするんだ。」と訊いたら、

「“しもやけ”って言うでしょ。」だって。

ほ~、なるほどなるほど。

そろそろ冬だ。

そして来月はわたしの誕生日!
うっしっしー。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。