スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士山の世界遺産登録の住民説明会に行った。
2008年10月31日 (金) | 編集 |
今日は真面目に、富士山の話。

長い文章ですが、富士山が好きな方、富士山へ思いのある方、
よかったら読んでみてください。

わたし個人の感想や考えを書いていますが、
知ってもらったり、なにかのきっかけになるとうれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界文化遺産登録に向けて、富士山のある山梨県、静岡県は、
積極的に準備を進めている。

1998年に、富士山はユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の
認定する世界自然遺産候補から落選しているんだけど、
今度は、では「自然」ではなく「文化」での遺産登録を目指そう!
と方針を切り替えて、両県は再び動き出している、というのが
おおまかな流れです。

そして2005年、文化庁と文部科学省に、富士山のある山梨県と静岡県は
世界文化遺産登録に向けた要望書を出しました。

それ以来、他の市町村では住民向けの説明会が開かれていたのに、
富士吉田市は開催されず。でも市役所には担当部署が発足し、
準備は進んでいました。

わたしは、誰のための、なんのための、世界文化遺産登録なのか、
ずっとわからないできています。

地元から盛り上がったいった話ではないし、
富士山の信仰文化や自然環境を守ろう、という面では、
いくつかの法律や市町村の条例などで守られているから。

富士山は「特別名勝」であり、原始林は「天然記念物」。
なので「文化財保護法」という法律がある。

また、富士山は「富士箱根伊豆国立公園」内にあるので、
「自然公園法」というしばりがある。

さらには、富士山のある県や市町村にも条例があり、
ほんとうに多くの法律や規則の中に富士山はいるのだ。

山梨県と静岡県では、「富士山憲章」なるものを
制定していて、富士山の自然と文化を守っていこう、
継承していこう、っていうようなことを掲げている。

なので、さらにまた富士山を世界文化遺産にしたいとは、
どういうことなのか、何をしたいのか、だれか教えてほしい、
とずっと思ってきた。


でね、やっと、ほんとうにやっと、
おととい、富士山の世界文化遺産登録について、
富士吉田市役所主催の説明会が開かれました。

上吉田地区の自治会や婦人会の役員、関係の団体向け。
一般住民向けは来週、各地域で予定されている。

わたしときこりは冨士山北口御師団経由で10日前くらいに通知があり、
「え~、急すぎるよー。」と文句を言いつつも、揃っての参加。

会場である体育館には市長や市議会議員、担当部署の部長が
スーツ姿で揃っていました。


部長や市長の挨拶を含めて1時間程度の話がありました。

説明会の開催が遅くなったことのお詫びがありましたけれど、
トータルの話を聞き終わって思ったのは、いま市が策定している
世界文化遺産条例(仮名)の説明会であって、
市として、この登録活動に向けての考えや姿勢、必要な時間や
予算などの話はなかったなあ、という残念なもの。


世界文化遺産登録には、国の認めた文化財(自然や建造物など)を
構成資産としてリストを作成し、それらの保存管理計画の策定が必要です。

ということで、富士山の裾野の街であり、富士山の信仰文化と
関わりの深い上吉田地域にも、一定の規制が必要である。

だけれども、みなさんの生活に支障があってはならないので、
建造物に対して、高さ制限を設けたい。しかし、もともと、
この地域は建築基準法の日影規制というのもがあって
高い建物は作れないので、実際には新しい規制ではない、
という説明だった。

構成遺産に関しても、既にある法律に準ずる方向、
とのことでした。

現在、世界遺産条例なるものを作っているところで、
こうい条例は国内の市町村で策定するのは初めて。

市としては自慢になるポイントですね。

でもね、わたしは思いました。

いくら県が押し進めてきたことだからといって、
住民への説明はなく予算を使ってきて、
なおかつ、富士山をほんとうに大事に伝えていく、
文化を残していく気持ちがないんだなあと。


富士山はやっぱり聖地です。

今年は約25万人の人が夏の富士山に登りました。
その中で500人以上の人が救護所のお世話になり、
4人が亡くなりました。

道幅の決まった登山道は、多くの疲れた登山者が座りこみ、
渋滞を巻き起こし、軽装の人や体力のない人も多く、
大変な夏だったそう。
(富士山のガイドをしている友人の談)

富士山は、南アルプスや北アルプスのどの山より高いし、
聖なるお山なので、体調を整えること、体力をつけること、
自分に必要な装備をしっかり考えて揃えることはもちろんのこと、
心も整えてから登ることがなにより重要です。


裾野では、富士山をぐるっと演習場が囲み、
自衛隊や米軍が訓練を行い、戦車の道が出来、
富士山に向かって砲弾を打っています。

そこの土地はもともと地元の人たちが木を切ったり、
山菜や屋根のための茅をいただいてきた場所で、
一方的に国に奪われたと反対運動も起こったし、
いまもそう思っている人はいます。

また、国の指定をいまは受けていないけれども、
保存してほしい遺産はもっとある。

そういう課題や問題をいまの世界文化遺産登録活動は
触れないように、見ないようにしているように感じます。

せっかく登録を目指すのなら、富士山の利用の制限や
資産、遺産の見直しがあったら、税金を使ってもいいと思うんだけど。


説明会では、きこりとあと3人かな、質問しました。

北口本宮冨士浅間神社の前の道がいまは2車線ですが、
4車線に広げることが決まっています。
その際に、規制は設けないのか、という質問が興味深かった。

この2車線の道はいつも車で混んでいます。

大きいな檜の立ち並ぶ参道を出ると、車のスピードと排気ガスで
嫌な気持ちになり、これにわたしは慣れることがない。

ここが4車線に広がって、向かい側にファミレスや郊外型の
大きな店舗が並び、夜中も看板や室内の明かりがあったとしたら、
もっとがっかりな景観になるだろう。

ちなみに、きこり案は、地下に道路を作って、
車は地下を走ってもらう、です。

富士吉田市のまちづくり委員会で発表もしたんだけど、
いまのことろ、採用されていませんね。もったいない。


遺産登録エコバッグ 遺産登録エコバッグ2

当日無料で配布された折りたたみのエコバッグ。

ここのところ、至るところでエコバッグが配られていてうんざり。
みんなでエコバッグを作ってどうするんだろうか。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。