スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『富士山の植物図鑑』をぱらぱら。
2008年03月31日 (月) | 編集 |
雪だ!
朝起きたら、外は白い世界。
いまも降り続く。やったー!

かむなび春のぼた雪

この辺りでは、4月になっても雪が降ることがある。
この春はあたたかかったから、
もう降らないのかなあと残念に思っていたのだ。

珍しいことに、山中湖村では降ってないそうだ。
うちよりも山中湖の方が標高が高いので、
たいていこっちよりもたくさん降るんだけれど。


ここのところ、庭や畑などに植物の新芽がぞくぞく。
葉っぱの形や付き方などで植物の名前にたどりつける
植物図鑑はおすすめ。

富士山に特科した本では、『富士山の植物図鑑』。どーん。

富士山の植物図鑑富士山の植物図鑑
(2007/07)


商品詳細を見る


いま雪が降っていることでわかるように、
ここで元気に育つ木や草は、わたしの育った東京とは
大きく違う。小さいときにお母さんと散歩をしている時など、
植物の名前を教わったものだけど、こっちにきてみたら、
知らないものがいっぱいあった。

なので、この本をぱらぱら見ていると、
ああこれ見たことがある、とか、
あそこにあったとか、なかなか記憶の整理になったりもする。

ウリハダカエデがとくに好きだ。
カエデの仲間で、富士山の裾野には目が慣れると
そこら中に生えていることがわかってくる。
瓜みたいな木肌。ほんとに緑色なのだー。
若いときは黄緑っぽくって、だんだん黒っぽい緑になる。
秋になると葉っぱが赤ーくなる。

はー。山を歩きたいなー。


スポンサーサイト
オニシバリが咲いて、ギョウジャニンニクもでてきた。
2008年03月29日 (土) | 編集 |
中庭と中門を入ったところの榮野外アートギャラリ-、
この2カ所にオニシバリが毎年生えている。

その中庭の方に、花が咲いた。春だねー。
オニリバリは雪がとけるころに咲くんだね。

オニシバリアップ オニシバリ全体

オニシバリは、鬼を縛れるほど、幹の部分がしなって、
なおかつ強いので、こういう名前だと教わった。
樹皮がしっかりした感触のわりに、幹がぐねぐねとまがって不思議。

ジンジョウゲ科ジンチョウゲ属なので、
香りはジンチョウゲと同じタイプ。花は小さいけれど強い香り。いいねー。

野外アートギャラリーの方は、日の当たる量が中庭より
少ないみたいで、まだ咲き始め。


中庭のオニシバリの近くには、ギョウジャニンニクがでてきた。

ぎょうじゃにんにく

画像では大きさがわからづらいんだけど、
一番背の高いのが5センチくらいかな。

去年株で植えて、今年ちゃんと出てくるかが勝負だな、と思っていたら、
ちゃーんと出て来た! やったー。ひそかに、ギョウジャニンニク群落に
なるのを狙っているのだ。北海道ではアイヌネギと呼ばれている。
寒くて、水はけが悪くて、日当りもあんまり良くないことが生育条件に
挙げられる。

うちではビワは花は咲くけど実がなるところではいかない。
結婚のお祝いでともだちからもらったユズは残念なことに枯れてしまった。
その地に合った木を植える、もともとあった植物を見直すことの大切さを
実感する。ギョウジャニンニクはながーい目で大事にしていきたい。

つくし、ニョキニョキ。
2008年03月26日 (水) | 編集 |
つくしも出てきた。ニョキニョキニョキ。

つくし

うちは畑とそのまわりに一番生える。
荒れ地を好むって聞いたことがあるので、
ちょっと悲しいけど、ま、そうだから仕方ないね。

つくしって、土筆と書くんだよね。
確かに、土から出てくる筆っぽい。

梅も咲きはじめた。
木の近くにいくといい香りがする。
しばらく木に寄り添っていたくて、虫になった気分。

夜はふきのとうの天ぷら。
きのうのお昼は、ふきのとうとキャベツのパスタ。
あー、おいしいおいしい。


ところで、うちは敷地が長く(古い御師の家の特徴なのだ)、
表の道からも裏の道からも通り抜けられる。

表の門は国道沿いにあって、裏は特に門はないけれど、
入れるようになっていて、このあたりの子供が、
学校の帰り道にうちを通り抜けていく。

小学校3、4年生くらいだと思うんだけど、
元気な男の子たち5人前後。裏のお墓と駐車場を抜け、
母屋の脇を通過し、池でひと騒ぎして、
中門脇にある榮さん(きこり父)の野外ギャラリーをのぞいて、
そこから、ぼっこな竹や木で出来ている塀をまたいだりする。

庭に置いている去年切った竹でちゃんばらごっこを
したりして、わたしも一緒に遊びたいくらい楽しそうなんだけど、
この間、うちの池に木の棒(むかしのスリコギで、
土に還るかなーと庭のはじに置いておいた)を投げて、
突き刺していた。ただやってみたかったんだと思う。

たいして怒ることでもないんだけど、
池には糸とんぼの卵やセリの新芽が出て来ていて、
このままだとまずいなあと思い、
「なにをやっているの!」とほんの少し大きな声を出したら、
わんぱく小僧たちが「すみませんでした!」と口々に言って、
その棒を抜こうとやっきになった。でも、池に水が入っているので、
なかなか棒に近づけなかった。この子たちはどうするかなあと
見ていたら、一人が靴と靴下を脱ぎ、裸足になって池に入った。

棒は簡単に抜けた。みんな安心した顔をして
中門から出て行った。

そして最近その子たちが来ない。

また来ないかなー。楽しいのになー。
うちは庭や道にも草たちが元気に茂っているし、
落ち葉や松ぼっくりなどもそのままにしているから、
鳥や虫たちもくる。こどもはこういうのが面白いんだと思う。

今度来たら、少し仲良くなりたい。
「うちを通るんだったら、これくらいの仕事は手伝え!」と言って、
一緒に何かしたいなー。

フキノトウにヤブカンゾウ。
2008年03月25日 (火) | 編集 |
今日はよく働いたー。
昼間は洗濯にお風呂掃除。
一息ついて、スーパーで段ボールをもらいに。
昨日、おとといとで押入れの棚というか台が出来たので、
整理の箱が欲しいのだ。かわいい箱も売ってるけど、
わたしは目下かなりの貧乏だし、スーパーでもらえる
バナナの箱が、しっかりしていて、かわいい。
でも農薬とポストハーベストが心配で、一日太陽に当てた。

午後からは、フキノトウとヤブカンゾウを
裏庭からいただく。

フキノトウ 

フキノトウがたくさん写っているんだけど、わかるかな。

ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウもおいしい。わたしはぬたや酢みそ和えがすき。
でも、このあたりではそこら中に生えていて、目を輝かせているのは
わたしとあと都会から来たともだち数人かも。


ゆうごはんの後は、フキ味噌づくり。
夏、カムナビにきてくれた人におにぎりを
これで握るんだー。味噌も手前味噌。
すっかりここでの生活が楽しめるようになったなー。

でも夜には疲れでぼーっとした。
夏にはうちから富士山に今年も登りたい。
2年目のカムナビ講の世話人をしたい!

なので、そろそろ体力もつけたいなー。

今日は欲張りな一日でした。ちゃお!


台を切った。
2008年03月24日 (月) | 編集 |
午後から晴れたので、
昨日の続きの作業に入る。

昨日洗った方ではなくて、廊下で使っていた机を
押し入れの下の台にしようかと思ったけれど、
横の長さが押入れよりも10cmくらいあった。

無理かなあと思ったけれど、きこりがあっさり
「切ったらいいんじゃない」と言ってくれたので、
いそいそと切る作業に入った。


吉田に来てから、ポリテクセンター山梨(独立行政法人
雇用・能力開発機構 山梨)という施設へ半年通った。

冬の夜のコースで、雪や凍った道にまだ慣れない頃に
峠を越えて甲府へ行くので、事故を起こさないよう、
毎日真剣に運転をして通ったものだ。なつかしいなあ。

木の加工や木造建築物の構造を勉強して、屋根の模型や
くぎを使わない椅子を作ったりした。道具の使い方や
手入れの仕方も習って、いまもしっかり役に立っている。

ここは小泉首相の構造改革で、
必要のない団体として名前が挙がっていた。

わたしが通っているときも、わたしはうちを直したくて
入ったので真剣に勉強した方の生徒だったけれど、
そういう人はとても少なかった。卒業後の就職先もほとんどなかった。
ほんとにいらないかもって、通いながら何度も思ったなー。


でも、わたしはのこぎりでまあまあまっすぐに木を切ることが
出来るようになったし、マイ鉋(かんな)やマイ玄能もある。
甲府にいいお店があって買ったのだー。

これが切っている途中。
(ほんとはのこぎりをこんな風に置いておいてはいけません)

切っている途中

切った残りは、また何かに使えるのでとっておく。

こっぱ

切ったところは鉋で面取りして、その後は、自慢じゃあないんだけど(うしししし)、
前にうちの豆柿(アマンドと呼ぶ人もいる)で作った柿渋を塗った。
これで虫やカビもだいじょうぶ。

できあがりー。

できた棚

ひとりではとても重くて2階の仕事部屋へ上げられなかったので、
きこりに手伝ってもらって、押入れに入れたらぴったり!

夕方まで、書類などの整理をして、ますます部屋もすっきり。
あーいい気分。これで必要なものがすぐに出てくる!


縁の下からひっぱってきた。
2008年03月23日 (日) | 編集 |
きこりが収集している世界中の暦や
音や映像テープなどの整理が進んで、
押し入れがひとつ空き、上の方は、
わたしが使えることになった!

入れたいものはもう決まっていて、
これまでしてきた仕事や富士山や樹型の資料が主。

押し入れの収納って、むずかしい。
立体的に使いたいし、奥や上の方に入れたものも
必要なときにはすぐに取れるようにしたいし。

ホームセンターのようなところへいけば、
プラスチックケースとか、スチールみたいな棚も
買えるけど、うちの場合は、できる限り長く使えて、
必要のなくなった時にも、他の用途で使えるものがいい。

わたしがこの世からいなくなってもこの家は残ると思うので、
その時に、あー、さとこばあさん、こんなの買っちゃって、
困っちゃうよーっていう物は買わないようにしたいと思う。

なので、なにかが必要なときは、まずは
家にあるもので、なんとかならないかと探す。
きこり(夫)のおとうさん、おかあさんをはじめ、
その前に住んでいた人たちが、たくさんの物を
残してくれているからだ。


今日は縁の下から、棚やテーブルの枠っていうのかな、
そんなような物があるのを前からチェックしていたので、
縁の下に入って(わたしは小さいので入れるのだ!)、
のそのそひっぱってきた。

まだ寒いので、作業は外だけど、
バケツにお湯を汲んできて、たわしでごしごし。

縁の下から

いま住んでいる虫はいないみたいだし、土とほこりが
落ちたら、しっかりした木の模様が見えてきた。

なんてことない物だけど、これに合うような板が
もとにあった場所の周りにありそうだし、
角材も探して無くなっているところの寸法を測って、
切って足せば使えそう。


明日は雨みたいなので、今度晴れたら、
板を見つけて洗って、乾かして、
いよいよ押し入れに持ってこようかな。

わたしがこの家に来た時から廊下にある大きな机も
そこにある必要がないから、使っていい道具候補だ。


わたしはいま、カムナビが本格的に動き始める前にと、
どんどん自分の物を整理している。

古本屋さんへ本を送ったり、服や鞄を売ったり。
そこで思うのは、いま気軽に買えるものは、
すぐに壊れたり飽きてしまう程度の物が多いんだけど、
木や竹などを使って人の手で作られたものって、
いまもかっこいいし、無駄がないし、
工夫すると使える物が多い。触った感じも気持ちいい。
わたしはこういう物に囲まれて暮らせてしあわせだなー。

きこり、坂道ゴロゴロ56。
2008年03月19日 (水) | 編集 |
今日も雨。
例年だと雪なんだけど。

そして外の作業はできないので、家の中で片付け。

もう何年片付けているんだろう、やり方が
悪いんじゃないだろうか、とよく思うんだけど、
いまわたしたちがしている掃除や片付けは、
御師(おし)の家の道具や歴史を知ったり
見直すことだから、人にまかせる仕事ではないし、
ひとつひとつを丁寧に進めていくことが
きっと大事なんだよな、と自分に言い聞かせたりする。


ところで3月14日。
きこり(夫)が56歳になりました。

珍しく本人の希望で記念写真。

坂道ごろごろ

今年の彼のキャッチコピーは、
「雷ゴロゴロ56」だったんだけど、
「坂道ゴロゴロ56」や「お腹ゴロゴロ56」も
捨てがたく、高尾の甲州街道沿いの道標みたいなものに
ちょうど56の数字と坂道があったので、
こんな写真になりました。


畑はじめ。
2008年03月16日 (日) | 編集 |
あまりにもあったかい日が続く。
春の陽気で気分はいいんだけどね、
変な気もする。

身体は動きたくてむずむずしてきたので
畑に行った。うちには、家の表と裏に
小さな畑があるのだ。

表の畑は、雪が降る前に、野菜の枝などを抜いて、
畝の脇に置いたりする作業をしていたので、
春になりつつあるいまは雪がとけて、
土が見えてきて、ロゼッタ状の草が頭を出してきたところ。
もう少しでツクシが出てくると思う。

問題は裏の畑。去年の夏以降、畑のはじっこには
ホテイチクが出てきているし、予想以上の草の元気さに
すっかりお手上げで、いまもわたしの背よりも高い
草が枯れたまま、しっかりたっている。
けっこう雪が降ったのに、草たちはびくともしなかったー。

このままではあまりにもどうにもならないので、
今日は、その草たちをよっこらしょと抜き、
畝に沿って置いていく作業をした。
といっても1時間くらいなんだけどね。

でも、毎日(ほぼ)のことなので、他にもいっぱい
したいことのあるわたしにとっては、1時間くらい、
さくっと働くくらいがちょうどいいとわかってきた。

今日は、カマキリのたまごを2つも発見。

カマキリのたまご

どちらも大きめで、畑に並べておくと
他の生き物に見つかっちゃうかなあと思って、
抜いた草を重ねて、敷地のすみっこに移した。
たしか去年もしたような気がする。

そういえば、去年の裏の畑には、キジやウズラが
遊びにきていた。庭にもきているんだけど、
畑でキジたちがはりきって動いている姿を見て、
うちの畑の薮っぽさにがっくりしたんだった。


うどん三昧。たかちゃん、スターハウス、のぶ。
2008年03月12日 (水) | 編集 |
ここのところ、うどんの日々。

用事で出かけていてお昼の時間になると
じゃあうどんを食べようか、というのが
吉田では普通(たぶん)。

きこりのうどんマップ全店制覇が
刻一刻とせまってきているのもあって、
今日もうどん。昨日もうどん。
日曜日もうどんだった。

日曜日は上暮地の「たかちゃんうどん」。

たかちゃんレプリカ

ここは吉田のうどんやさんの中でも
ローカル線の旅にぴったり。

のどかな場所にあって、駐車場からは
富士急行が走っているのが見えます。

この日は暑かったので、
わたしは冷やしうどん。350円なり。

たかちゃんひやし

麺は硬め。つけるおつゆは味噌仕立て。
お茶、漬け物、青菜の炒め物がセルフ。


昨日は、前々からきこりの行きたがっていた
スターハウス。

カウンターとゲーム機のついているテーブルで
パブっぽいんだけど、店主のおじさんはとてもフランクで
やさしい。前にわたしがともだちとその赤ちゃんと
入った時に、すぐに赤ちゃん用のおわんとフォークを
持ってきてくれて、小さな缶ジュースまでくれた。

うどんももちろんおいしい。

わたしは納豆うどん。きこりはキムチうどん。
共に400円。

スターハウスなっとうときむち

きこりはわたしよりも先に食べ終わって、
満足そうにスポーツ新聞を読んでいた。

スターハウスできこり

怒濤のようにうどん。

今日はのぶ。下吉田にある。
わたしは全店制覇をしたとはいえ、
味や店構えなどをもう忘れてしまったお店もある。

のぶの場合は、馬小屋のある家、
と覚えている。

のぶ馬小屋

ほら。馬小屋。
前にこの近くで生まれた人と来たときに
「この辺りは、みんな家に馬がいて、
こういう小屋がよくあったのよ」と言っていた。

なので、当然のことながらこのあたりは
馬肉を食べる。吉田のうどんのお肉のほとんども馬肉。

きこりは肉天うどんの大盛り(550円)。
わたしはカレーうどん(500円)。
大根の漬け物とごぼうのピリ辛煮が
セルフでいただける。

のぶ肉天カレー

あー、食べた食べた。

うどんはおいしい。お店によって
工夫があるし、近所のじいさんばあさんが
しゃべってたり、孫ときていたりして、
生活臭がぷんぷん。居心地がいい。

柿の剪定で五右衛門風呂。
2008年03月11日 (火) | 編集 |
3月9日、日曜日。
富士吉田市の上暮地。
柿の木の剪定について
勉強してきた。

サルがよく山から降りてくる地域のお家の柿の木を
樹木医さんが実際に剪定をして、
参加者のわたしたちは、剪定のポイントを教わる。

うちには2階建ての家よりも大きいくらいの
柿の木が3本あって、うれしいはうれしいんだけど、
隣の家にも枝は伸び、実の落ちる季節は、隣の家の屋根に、
どっかんと柿の落ちる音がする。申し訳ないなーと思う。


上暮地では、合計3軒のおうちにうかがった。
この地域はわたしにとって懐かしい空気と町並み。
わたしは東京の青梅市で育ったんだけど、
小さい頃の風景とだぶる。

剪定1

畑があって、道は狭くて、車はあんまり通らない。
ビルやマンションなどの高い建物はなく、
家は庭があって、食べものや道具が干してあったりする。


この日は6本だったかな、剪定した。
慣れてきたら、ここはこれくらい残すとか、
ここは切ってしまった方がいいっていう判断が
できるようになってきた。

最後にお邪魔したおうちは、同じ富士吉田市内なのに
建築様式というのかな、家の雰囲気がまったく違っていた。

いまの柱の倍の太さはある大黒柱に太い梁、
築200年以上は立つという家屋敷で、
柱は煤で黒く光ってる。

お風呂は五右衛門風呂だった!
無理を言ってみせてもらったんだけど、
ちょうど薪を燃やしていた。

家を守って、家族をまとめていそうな
存在感のあるおばあさんは、
「ガスにしたいんだけど、若いもんが
こっちの方がお湯がやわらかくていいって
言うから」と話してくれた。

このお家は、山も持っているそうなんだけど、
わたしが一番驚いたのは、家のまわりには
いまも薪が整理されて積んであって、
日々の暮らしの中で生かされていること。

古い家に住んでいても、山があっても、
家族がいて、日々、木を切ったり、
それを運んでくる手間をかけないと
続かない。

いまみたいにみんな忙しいと、
それにかわる家電製品や便利グッズは
いくらでもあるし。

柿の剪定をしている時は、
近所のおじい、おばあがわらわらと集まってきた。
あれこれ世間話をしたりして、愉快だった。

今日は多喜口でうどん。
2008年03月08日 (土) | 編集 |
わたしの住む街、富士吉田。
多くの人が、うどんをよく食べる。

市内には、うどんやさんが点在していて、
行政の作った吉田のうどんマップには、
60軒くらいが載っている。

多くのお店が、お昼だけの営業。

わたしは去年全店制覇をして、
ふじよしだ観光振興サービスから、お祝いに、
市内で作られたマフラーとスカーフをもらった! 

わたしの全店制覇へ向けて、
きこり(夫)にも随分つき合ってもらったので、
彼もあと4軒くらいで全店制覇となった。

わたしが全店制覇へ向けて燃えているときは
冷たかったのに、ここまできたらと、
いまや自分用のうどんマップを作って、
既に行ったところやおいしいお店に
マーキングしたりしてる。あははははー。

ということで、今日は外の用事が多かったから、
きこりのまだ行っていないお店へ2人で行った。

上暮地にある多喜口。(喜は旧字がほんとの名前)

多喜口入り口 多喜口のうどん 多喜口のうどんメニュー

わたしはちくわ天うどん(350円)。
きこりは全部のせうどん(600円)。

全部のせうどんというのは、他のうどんメニューの
具が全部乗っている、という大胆なもの。

お肉(馬肉)、キャベツ、コロッケ、
わかめ、きんぴら、ちくわ天、・・・以上だったかな。

お互いに中盛なので、上記の値段プラス100円。

ちくわ天って、学校の給食を思い出す。
でもここのちくわ天は、給食のちくわ天よりも
ずっと長くて、贅沢感がある。

コロッケは、揚げたてのものを
どんぶりではなくて、小皿に盛って、
後から出てきたんだけど、あつあつの
ほくほくで、おいしかったー。

ここは、もつ煮定食とか、アジフライ定食とか、
普通の定食もあるので、自分はうどんを食べたいけれど、
一緒にいる人が「わたしはお米を食べたいんだけどー」
という時におすすめです。

コロッケを好きな人もぜひ。
コロッケ定食もあります!


商店街からの大きな富士山

帰り道、商店街の道から見える富士山。
合成か?と疑いたくなるくらい大きく見えるのだ。
レコードの整理など。
2008年03月06日 (木) | 編集 |
カムナビは今日も片付け。

わたしは自分の本の整理。
かなりすっきりしてきた。

きこりはビデオテープ、音楽テープの
整理はひとまず落ち着き、
今日からはレコード。

ジョーン・バエズ ジミヘン

こんなの出てきてます。
EPレコード。

ジミヘンの顔、いま見ると、とてもかわいい。
わたしもおばさんになったということか。

荒木一郎

荒木一郎さんは、前にきこりが
カラオケで歌ってた。ははは。

忌野清志郎さんのコンサートで
荒木さん本人が出てきたことがあって、
わたしはその時に初めて歌を聴いた。

ともだちのLPレコードもあれこれ出てきて、
当時の話をしてくれる。

やっぱり大きいレコードジャケットって
遊び甲斐がいっぱいあるね。

湯たんぽに穴。
2008年03月02日 (日) | 編集 |
寒い冬のお供といえば湯たんぽ。

わたしの湯たんぽ歴は、
母方のおばあちゃんの形見が始まり。

それまでは電気あんか。
足に変な汗をかくので、少し違和感があった。

湯たんぽを試してみたら、
じんわりとあったかくなる感じが
とても心地よくって、それ以来のお付き合い。

いまは2代目。


その湯たんぽに、
昨日の夜、穴があいた。

最初のもそうだったけど、
ある日、穴があくんだよねえ。

穴のあいた湯たんぽ

たのしい思い出が
つまっていた湯たんぽ。


でも湯たんぽがないと寒い。

蔵の整理をしていた時に見つけた
陶器の湯たんぽを出してきた。

ゴーヤマンと陶器の湯たんぽ


水漏れがないことは
わかっていたんだ。

これはこれでかわいい。


説明書はないので、
湯沸かし器から熱いお湯を出して、
軽くガスコンロにかけてみた。

沸騰する直前くらいで火を止めて、
陶器のふたをして、様子を見る。

少ししたら、シュッシュッと
お湯が漏れてきた。

ふたをあけて、少し温度が下がるのと待ち、
また、ふたをしめる。

何度かこれを繰り返したら、
漏れなくなった。

湯たんぽが悪いのか、
お湯の量が多いのか、
よくわからないよー。

陶器の湯たんぽの使い方、
だれか教えてくださーい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。