スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年4月の、北富士演習場の立入り日。
2008年04月05日 (土) | 編集 |
2008年4月の北富士演習場の立入り日は、

4月6日(日)、13日(日)、20日(日)、
27日(日)、29日(火・昭和の日)の5日間です。

立入り日は、いまの演習場がある場所が、米軍から返還されて、
自衛隊の使用が決定したときに、国と地元の地方自治体などとの間で
決められた「北富士演習場使用協定」に基づいている権利とされています。

この日以外は、自衛隊や米軍の演習によって、
演習場への一切の立入りはできませんが、
立入り日は24時間、入ることができます。

でも、山中湖村、忍野村、富士吉田市の住民以外で、
演習場内の山野草やきのこなどを採取する場合は
有料の鑑札が必要です。

また、不発弾が落ちていることもあるので、
もし見つけても、安易に触らないことをおすすめします。


スポンサーサイト
2008年2月の立入り日。
2008年02月02日 (土) | 編集 |
穴から富士山

北富士演習場の今月の立入り日は、

2月3日(日)、10日(日)、11日(月・建国記念日)、
17日(日)、24日(日)

の5日間。

他の日は北富士演習場使用協定によって
一切の立入りは禁止されている。


★北富士演習場とは、富士山の山梨県側、富士吉田市と
山中湖村にある自衛隊の演習地。

1936年(昭和11)年に日本陸軍に演習場とされ、
第2次世界大戦後は米軍に接収。1973(昭和48)年に
自衛隊が管理する演習場となる。

広さは、国有地、県有地などを合わせて、4,597ヘクタール。
ひろーいです。この中には富士山の噴火で出来た樹型もある。


★演習場内の国有地は、日本陸軍の演習場となる以前から
地元の人たちが馬の干し草を取ったり茅刈りをしたりと、
生活と密着していた土地だったので、忍草母の会などの
反対運動の結果、納得のいく土地の返却はなされていない
けれども、期間を定めて、立入りができるようになっている。

でも、多くの日は、陸軍や米軍による戦車や機関銃などの
演習が行われ、富士山や地元の人たち、周囲の生き物たちは、
地響きや砲弾の音を日常的に感じてる。

わたしは入ったことがないけれど、
富士山の静岡県側の裾野にも東富士演習場という
演習地があるので、富士山の裾野は、戦争の練習に
使われているといっていいと思う。


画像は、北富士演習場内に立っている
小屋の壁の穴から見えた富士。

2008年1月の立入り日。
2008年01月06日 (日) | 編集 |
富士山の裾野、北富士演習場の
今月の立入り日は、

1月1日(火・元旦)、6日(日)、13日(日)、
14日(月・成人の日)、20日(日)、27日(日)

の6日間。

他の日は、陸上自衛隊の演習日となってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。