スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バレンタインは再処理ストップ。
2008年02月13日 (水) | 編集 |
2004年に、青森県六ヶ所村という海岸沿いののどかな街に、
日本各地の原発から出る放射性廃棄物を処理する為の
再処理工場が建設された。

「使用済み核燃料再処理工場」っていう名前。

新聞でこの字を見たことがあるかも、
っていう人が多いと思う。

去年、そこに訪れたともだちは、おもちゃみたいな
建物でびっくりした、と言ってた。

おもちゃみたい、っていうのは比喩で、
ほんとは日本の原子力産業が国の威信をかけて
取り組んできたプロジェクトなんだけど、
その恐ろしさ、危険性が感じられない、
ってことなんだと思う。

この「使用済み核燃料再処理工場」は、
これまで試運転をしてきて、あさっての14日、
本格稼動に向けて試験を進めるのか、
試験計画を見直すのかの重要な国の審議会
(核燃料サイクル安全小委員会)が行われるそう。

この工場が動き始めると、原発が1年間で出す
放射能を一日で海と空に流す。

東北の海産物はどんな打撃を受けるのか。
海はどうなっちゃうんだろう。

イギリスの再処理工場のあるアイリッシュ海は、
いま世界で一番汚染の進んだ海。
だれも海産物を食べない。

でもね、問題は簡単じゃない。

沖縄の米軍基地問題を思い出す。

わたしは、六ヶ所村のことを知って、
どうしていいのか、こころが苦しくなる
ばかりだったんだけど、みんなでこれを
シェアして、人や自然の大きなつながりのなかで、
希望を探したい。

いい映画があります。

「六ヶ所村ラプソディー」

公式サイト
http://www.rokkasho-rhapsody.com/index2
全国で上映会が開かれてます。
渋谷・アップリンクXでも上映してます。

ぜひおすすめ。


以下は転送です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【緊急】 2/14 再処理ストップの声を届けよう!

2月14日、六ケ所再処理工場の本格稼動に向けて
試験を進めるのか、試験計画を見直すのかの重要な国の審議会
(核燃料サイクル安全小委員会)が行われます。

議題は「高レベル廃液ガラス固化設備の運転状況」。

日本原燃の報告書の内容が認められてしまうと、
試運転の最終段階、第5ステップが開始されてしまいます。

この審議会に対して、再処理ストップの声を届けましょう。

1.全国のみなさんへ = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

(1) 審議会(核燃料サイクル安全小委員会)委員へ手紙を送りましょう。
  後半部分の委員が所属する大学や研究所などの住所等の一覧を参考に。
  手紙は審議会前日の2月13日(水)着が望ましい。
  間に合わなければ事務局の原子力安全・保安院へFAXとメールでも。

 ○この間の要望書、報告は次のHPを参照ください。

  美浜の会
  http://www.jca.apc.org/mihama/

  ふくろうの会ブログ
  http://fukurou.txt-nifty.com/pu2/

 ○「高レベル廃液ガラス固化設備の運転状況」についての日本原燃の報告書
  http://www.jnfl.co.jp/press/pressj2007/pr080204-1.html

2.東京方面のみなさんへ = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

(1) 審議会の傍聴を申し込みましょう。
  傍聴の申し込みは2月13日(水)12:00までにFAXで

  <開催通知>
  総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会
  第14回核燃料サイクル安全小委員会
  http://www.meti.go.jp/committee/notice/0004783/0004783.html

  審議会は、傍聴希望者多数の場合は抽選になります。
  傍聴できなくても、傍聴したくなくても(2)の行動にご参加ください。

(2) 傍聴にあわせ、経済産業省に再処理ストップの声を届けましょう。

  (仮称)
  高レベル放射性廃棄物ガラス固化体製造設備が頓挫
   ~ 最終第5ステップ試験入り強行は非常識 ~
  欠陥を放置・隠ぺいの六ヶ所再処理は中止を! 2・14抗議行動

 *審議会の前と後に2回行います。

  場所:経済産業省別館前
     地下鉄霞ヶ関駅(C2出口)
     http://www.meti.go.jp/intro/data/index_org.html
  日時:2月14日(木)
     1回目は、午前9時30分から9時50分まで
     *なるべく9時30分までに集合を。9時には誰かいるようにします。
     (10時から12時までは別館で核燃料サイクル安全小委員会の傍聴。)
     2回目は、昼の12時から1時15分まで
     *配布チラシ用意します。抗議文も渡したいと思っています。

  呼びかけ:「六ヶ所再処理工場のアクティブ試験を憂慮する全国の市民」
       核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団/
       再処理工場について勉強する農業者の会/花とハーブの里/
       PEACE LAND/三陸の海を放射能か守る岩手の会/
       グリーンピース・ジャパン/原子力資料情報室/
       原水爆禁止日本国民会議/ストップ・ザ・もんじゅ東京/
       日本消費者連盟/ふぇみん婦人民主クラブ/
       福島老朽原発を考える会/グリーン・アクション/
       美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会

  *横断幕やプラカードなどいろいろ持って来てください。

==================================================

◆核燃料サイクル安全小委員会、委員への要望書等のあて先です。
(適当なポイント数でプリントし、封筒に貼り付けるのも手軽・・・)
 松本委員長+14委員で計15名。

 105-0001
 港区虎ノ門3丁目17番1号
 原子力安全基盤機構 技術顧問
 松本 史朗 様

 263-8555
 千葉市稲毛区穴川4-9-1
 放射線医学総合研究所 緊急被ばく医療研究センター
 明石 真言 様

 152-8550
 目黒区大岡山2-12-1
 東京工業大学 原子炉工学研究所
 有冨 正憲 様

 100-8055
 千代田区大手町1-7-1
 読売新聞社東京本社 論説委員
 井川 陽次郎 様

 461-8673
 名古屋市東区大幸南 1-1-20
 名古屋大学 医学部保健学科
 石榑 信人 様

 105-0004
 港区新橋5-18-7
 原子力安全研究協会 研究参与
 川上 泰 様
 226-8502
 横浜市緑区長津田町4259
 東京工業大学大学院 総合理工学研究科
 衣笠 善博 様

 113-0033
 文京区本郷7-3-1
 東京大学大学院 法学政治学研究科
 城山 英明 様

 319-1194
 那珂郡東海村村松4-33
 日本原子力研究開発機構 次世代原子力システム研究開発部門
 須藤 俊幸 様

 152-8550
 目黒区大岡山2-12-1
 東京工業大学 原子炉工学研究所
 関本 博 様

 319-1194
 那珂郡東海村村松4-33
 日本原子力研究開発機構 次世代原子力システム研究開発部門
 中村 博文 様

 100-8126
 千代田区大手町1-6-1
 電力中央研究所 名誉特別顧問
 福田 佐登志 様

 319-1194
 那珂郡東海村村松4-33
 日本原子力研究開発機構 東安全試験施設管理部
 三好 慶典 様

 181-0004
三鷹市新川6-38-1
 海上技術安全研究所 元原子力技術部長
 山路 昭雄 様

 152-8550
 目黒区大岡山2-12-1 N1-16
 東京工業大学 原子炉工学研究所
 吉澤 善男 様


●郵便代がもったい、1通にまとめたい方は以下宛で!
(委員全員に配ってくださいと記しましょう)
 100-8986
 東京都千代田区霞が関1-3-1
 原子力安全・保安院 核燃料サイクル規制課気付
 核燃料サイクル安全小委員会 委員各位

●直前で間に合わないという方はFAX、Eメールで
 原子力安全・保安院 核燃料サイクル規制課気付
 核燃料サイクル安全小委員会 委員各位
 FAX:03-3580-8484
 Eメールは下記から
 https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。